自作スムージーでダイエットした結果は?

スムージーダイエットのきっかけ

ダイエットをする時は主にダイエット食品かシリアルで行っていましたが、ダイエット食品は長期間利用していくのにお金がかかり過ぎてしまうこと、シリアルは冷たい牛乳や豆乳だと寒い季節はどうにも食べられないということで続きませんでした。

そこで、暑い季節は冷たいドリンクとして、寒い季節はホットにしても飲めるスムージーに注目するようになりました。

スムージーの種類は商品を参考にした自作で

スムージーは、商品で販売されている市販のスムージーを参考にして、自分で自作するようにしました。

商品で販売されているものを使い続けると、ダイエット食品のように結局費用がかかりすぎてしまいますし、商品で販売されているものを見本にして自分で同じようなものを作ってみました。

商品を見本にすることでどういった野菜や果物が適しているのかもわかりましたし、自分で作ってみようとする意欲にもつながりました。

自作の場合、使う野菜や果物の費用が気になるところでしたが、今はカット野菜やカットフルーツなども冷凍食品などで販売されています。ちょっと野菜の苦さが気になるような時は、冷凍フルーツを少し足して飲みやすいスムージーを作るようにしました。

また、生野菜は季節によっては値段が高くなってしまうこともあったので、小松菜やキャベツなどの葉物の野菜は安い時に大目に購入して、冷凍保存してスムージーに使うようにしました。

小松菜はカットもせずそのまま冷凍庫に入れると、使う時にすぐに粉々にできるのでとても便利でした。冷凍をうまく利用することで野菜も果物も手間なく使うことができて良かったです。

また、ダイエットのためには体の代謝を良くすることが大事なので、痩せやすい体つくりのためにスムージーに生姜を加えるようにもしました。少し生姜が入っていることでピリッとした程よい刺激を感じることもできましたし、美味しく飲むことができました。

そして生姜同様に柚子もたまに加えるようにしました。柚子を入れることで香りも良くなって良かったです。

ダイエット期間は1ヶ月

スムージーを使ったダイエット期間はほぼ1ヶ月です。
それ以上長いとさすがに飽きてしまいますし、1ヶ月続けてこれといった効果もでないようであれば、スムージーダイエットは失敗だろうとも思っていたからです。

1ヶ月がちょうど良い期間なのではないかということで自分なりに1ヶ月をスムージーダイエットの期間で設定しました。

朝の置き換えダイエットとして

スムージーを飲むのは、朝と決めていました。

朝はもともと食欲があまりないことが多いですし、腸の働きも良いのでスムージーを飲むことでデトックス効果も得られていいと思っていたからです。自作のスムージーで朝食を置き換えることでスムージーダイエットを成功させることにしました。

朝にきちんとスムージーを飲んでおくことで昼と夜は好きなものを食べられ、ダイエット中でも無理なストレスを感じるようなことがなくて良かったです。

ダイエットの結果は

そして、1ヶ月スムージーダイエットを続けた結果ですが、体重はほぼ変わりませんでした。初めてばかりの頃は数キロ減ったこともありましたが、徐々にスムージーの置き換えになれると同時に、体重の減少もなくなりました。そして結果的にはもとに戻り、現状維持できている状態のままになってしまいました。

ですがダイエットを意識していても肌荒れしなかったのと、便秘にならなかったのは自作スムージーのおかげだと思います。ですから体重は減っていなくても、健康的なダイエットができたということでは良い結果になったと思います。

これから先またスムージーダイエットをするようなことがあれば、
・市販のスムージーで試していること
・運動も取り入れてみること
でチャレンジしてみようと思います。

今回私がやったような緩い内容でも手応えがあったので、真面目にやればスムージーダイエットは上手くいくと思いますよ。